「プリズナーNo.6」関係と海外ドラマ、海外小説を中心にしていきたいと思います。園芸、イギリス旅行、猫は今後はyahooプログに移動する予定です。


by mygarden_uptodate

<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シーズン2で性悪アンとブリン一族が退場し、悪役不在かと思われたこのシリーズ、
現在の悪役はトーマス・クロムウェルだなー。
悪役と言うには卑小なキャラクターだけれど。
そして最近めきめき頭角を現したエドワード・シーモアの性悪ぶり。
全く成り上がり者は始末に負えん。
(成り上がりでも、ウルジーは可愛かった。サム・ニールの魅力なのかも知れないが。)

ようやく幸せになってきたメアリーだけれど、いつの間に王女に復権したのだろう?
この頃は王位継承権も復活して、既に宮廷での地位はゆるぎないものになっていたとは言え、公式にはまだ「レディ」の筈。正式に王女として復権するのはキャサリン・パーの時代になっての筈だが?

まあ、この番組は史実と違う点がザクザクあるのでいちいち突っ込んでいたらきりがないのだが、間違った知識を持ってしまったら厄介だ。

片目の助平男サー・フランシス・ブライアンはアン・ブリンの従兄弟。
彼の母と、アンの母が半分姉妹なのである。

サフォークは、シーズン1の強姦魔のケダモノぶりはどこへやら、どんどん真人間になっていく。
中の人が違うんじゃありませんか。今のサフォーク好きだけれどね。
彼の結婚についても史実とは違う点多し。
[PR]
by mygarden_uptodate | 2010-09-27 21:31 | 海外ドラマ