「プリズナーNo.6」関係と海外ドラマ、海外小説を中心にしていきたいと思います。園芸、イギリス旅行、猫は今後はyahooプログに移動する予定です。


by mygarden_uptodate
いよいよ明日、20話で第二シーズン終わり。性悪アン・ブーリン処刑かな。
兄の処刑があっというまだったが、アンはいかに。
処刑しないまま、第3シーズンへ続く、なんてのはなしにしてよね。
[PR]
# by mygarden_uptodate | 2010-03-22 22:05 | 海外ドラマ
久々にこのシリーズらしいエピソードだな、と思った。
見事に嫌な話。万歳、です。

騎士の世界に傾倒する旧家の一族。
犯行動機がいかにも、でした。
[PR]
# by mygarden_uptodate | 2010-03-18 00:18 | 海外ドラマ

マーリン

まだ2話。
なんだこりゃ?なドラマ。お子ちゃま向きの設定は仕方がないか。
いきなり時代錯誤的なキャメロットの城。時代錯誤というよりもあり得ない城。
マーリンを演じる俳優の、妖魔っぽいというかジプシー風というか、あの風貌はメイク?それとも天然? ちょっと「指輪物語」の映画の役者風。
半人半獣的なあの手の雰囲気の顔ってなんか苦手。
漫画で良くある、魔的なキャラの耳がとがっているような安直な設定。
そしておバカな王子アーサーはぴかぴかのアングロサクソン(じゃまずいだろ?)的。
当時まだ伝わってないでしょ、のトマトを晒し台の囚人にぶつける群衆。
姫の侍女はなぜか黒人顔。まあ、ジプシーの設定らしいけれど。
特に時代設定、深く追求しない方が良いのだろうな。
お子ちゃま向き。
まあ、面白かったけれど。
今のところは。
途中で見るのやめそうな気もするな。
[PR]
# by mygarden_uptodate | 2010-03-18 00:09 | 海外ドラマ

チューダーズ 19話

いわずと知れた?ミステリ・チャンネルで放送中のドラマ、いよいよ大詰め。
話の展開がゆっくりだと思っていたら、ここ19話に至って急に加速化したような感じ。
性悪アン・ブリン一派、ついに逮捕されて一網打尽はいいが、ここでもうひと悶着あると思いきや、兄のジョージはさっさと打ち首になってしまった。
それを窓から目撃して泣き叫ぶアンはまだ自然だが、彼女の泣き声を耳にしつつ、素知らぬ顔で読書に励む(現実逃避か?)父トマスの態度は異常。
まあ、以前から、単なる野心家を通り越して異常性格ではないかとの片鱗を見せていた父トマス。
嫡子が処刑され、王妃にのし上がった娘の運命もこれまで、という時にせっせと読書。
まあ、2人の子を処刑され、権力を失っても、領地に隠棲するだけで済んだやつ。
考えようによっては「哀れな父」だが、この物語では、結局は自分の保身のために子供たちを見捨てるような感じに取れる。
救いようがない奴。
救いようがないと言えばヘンリーが一番か。
[PR]
# by mygarden_uptodate | 2010-03-17 23:57 | 海外ドラマ

マップのてすと

専用の地図は再編集出来ない。

googleもyahoo地図もダメらしい。

使えないプログ。
[PR]
# by mygarden_uptodate | 2010-01-31 11:56 | そのた
殺人は広告する(MURDER MUST ADVERTISE)1933

 珍しい設定である。ピーター卿、何と変名で職に就き、広告業界に潜入。こう書いてもねたをばらすことにはなるまい。デス・ブリードン氏がピーター卿の変名であることは、馴染みの読者なら一目瞭然なのだから。実は個人的にはこの話はあまり好きではない。ロンドンのせわしない日常。ピーター卿ものの楽しみは独身貴族の生活を謳歌するピーター卿と、従僕の鏡バンターとの絶妙なコンビネーションにあるのだ。故に当然ハリエット・ヴェインも嫌いだ。有り難いことに、彼女は登場しない。
 代わりに妹のレディ・メアリーと、彼女の夫となったチャールズ・パーカー主任警部の家庭生活が垣間見られる。グレート・オーモンド・ストリート12Aに住んでいることが判明。ブルームスベリではあまり上等の場所ではないが、品位はあっても所詮庶民のチャールズにはまあ分相応の場所なのであろう。
 この話が今までのピーター卿ものの浮世離れしたのんきさと違うのは、犯行の動機の切実さであろう。犯人には同情したくなる。逃げ道がひとつ。それを示唆するピーター卿は、彼の浮薄にすら見える外見の下に、どこか非情な倫理観を感じさせる。ああ、彼は貴族なのだ、と思う。何よりも大事なものは名誉なのだ、と。この倫理観が通じたよき時代に郷愁を覚えずにはいられない。現代人は何と破廉恥になってしまったのだろうか。

以上の文章、なんと今からちょうど10年前に書いてMOに保存していたもの。
データを整理していて発見した。
おりしも、久しぶりに読み返そうかと本を買ったばかり。(当時は図書館で借りた。)
なんだか因縁を感じました。
[PR]
# by mygarden_uptodate | 2010-01-24 17:00 | 海外小説

方針決定

「プリズナーNo.6」と海外ドラマ(主にイギリス、たまにドイツ、アメリカ)、海外小説関係がこちらのプログ。

園芸とイギリス旅行、猫関係はyahooプログと二本立てにしようと思います。

とここに書かないと忘れるので。

ひとつの問題。

今、ミステリチャンネルでやっている「チューダーズ」の話題ははどちらに入れるべきか?
例の色ぼけ欲ぼけヘンリー・チューダー(子)の話ですが。
[PR]
# by mygarden_uptodate | 2010-01-24 16:55 | そのた

移動を検討中

yahooのプログも開いたので、移動を検討しています。
と言っても、すべてではなく、ジャンルを分けて半分を移すといったところ。

現在こちらにある「イギリス旅行」をyahooに移し、「園芸」を残そうか。
それともその逆にしようか。
では、はどちらに?

No.6TVドラマはこちらで良いにしても、読書コーナーは、やはりこちらかな。

一か所にまとめた方がよいのか。

うーむ。
[PR]
# by mygarden_uptodate | 2010-01-23 23:29 | そのた

リンクのページ

園芸&総合サイト
http://members.jcom.home.ne.jp/n.oblige/
英国&へんなものサイト
http://bonniejackdaw.hp.infoseek.co.jp/
文芸&同人誌サイト
http://www.geocities.jp/gothic_labyrinth/
[PR]
# by mygarden_uptodate | 2010-01-19 17:16 | リンクのページ

従妹のうち

2005年の7月、スコットランドはドラム・カッスルで挙式した従妹のうちを訪ねてきました。
今はリンカンシャーに転居して、新居に落ち着いたところ。
完全室内猫だったトスカとアイーダの姉妹も、今はアウトドウライフを満喫しております。
もっとも、トスカは外出したところ、鹿に出会ってびっくり仰天。
おばけがでたーっ」としっぽをブラシのようにして帰ってきて以来、遠出は控えているそうです。
一方、アイーダは日々狩りにいそしみ、ご飯のときくらいしか帰ってこないらしい。
写真は従妹夫妻の住むコテージの庭。屋根の上にトスカがおります。
別に投身することなく、この後ちゃんと降りてきました。
d0042522_2323504.jpg

[PR]
# by mygarden_uptodate | 2010-01-17 23:27 | イギリス旅行